彼女たちは知らない

無いにせよ一刻も早く相手を確保して問題の解決をしたい重大事項だ。
 一応、真との面談で少し話された様に、亜空に迷い込むヒューマンも少数ながら存在するから彼らの中の男性は結構な割合でゴルゴンと関係を持ったりもしている。
 しかし安定しない上に成立数も満足なものではない。
 現在トップが真とヒューマンの街への干渉を協議している。
 そちらが上手く進めば状況は改善されるだろうと彼女たちの内々では考えられている。
 靴 アディダス
「そう言えばさ、ツィーゲって街に出る話、難航してるとか聞いたけど」

「あ、進んだみたいだよ。なんかね、若様はちょっと迷ってたみたいだけど最近少し態度が変わったって」

「ふぅーん。ま、私らナリは人型だけど亜人ですらない魔物だもんね。若様も慎重になるか」

「あ、このウェーブの髪なんか良い感じかも」

「ああ!? スケッチとったんだ? 私も見たい!」

「こっちのロングもイイね。男ウケしそう。私ももうすぐ子ども欲しい時期に入るし」

「あんたはそれなくても男欲しい娘でしょうが」

「そう言えばライムさんも最近見かけないしね」

「実質アンパイなのあの人位だもん。ついみんなで頼り過ぎちゃったかも。万年発情期なんて凄いよね、ある意味私ら以上じゃない?」

「あはは、もしかしてライムさんが|音(ね)を上げて若様にツィーゲの事を頼んでくれたんだったりして」

「まっさかー」

『あははは……』アディダス ゴルフ アウトレット

 ほのぼのした様子に見合わない過激な会話が平原に続く。
 動物達はそんな事は関係ないとばかりに遊んだり、草を食んだりしていた。
 彼女たちは知らない。
 そのまさか、である事を。
 亜空に出入りする真以外のヒューマン、ライム=ラテ。
 彼はまだ若く、健康な男である。
 当然女性も好きだ。
 過去冒険者であった頃は街の数だけ女がいるという位には遊んでいる。
 だからゴルゴンと関係を持つのは至極当然な流れと言えた。
 後腐れなく遊ばせてくれる。
 むしろ向こうがそれを望んでいる。
 遊びたいのが主な目的の男からすると夢の様な条件だ。
 それでゴルゴン達はある意味下心なく次から次へと相手をしてくれる。
 “最初の内は”ライムもそう考えて歓喜した。
 男の楽園はここにあった! と誘い誘われ桃源郷の日々を味わった。
 何がとは言わないが訪れるたび毎日ふた桁は頑張ったライムは絶倫な方だっただろう。
 しかし何事にも限界はある。
 やがて楽しむが頑張るになり、足が遠のく。
 それでもライムが亜空にいると探し出されて今夜も、と連れて行かれる。
 元々は自分も望んだ事だと奮闘したライムだったが、彼は結局真に土下座した。
 いきなりやつれたライムに土下座された真は当然混乱するが、事情を聞く内に顔をひくつかせて納得する。
 ただでさえ相手は常に数十人いるのだ。
 ライムが一人で頑張って一体どうなるものでもない。
 独り占めしたかった当時の自分を全力で張り倒したい、とライムは涙ながらに真に訴えた。
 この告白の後、真はツィーゲでゴルゴンが店を出す手伝いを前向きに考えるようになる。
 だから、ゴルゴンの他愛ない話は彼女達が知らないながら真実の事だった。

「あれ、ねえあそこ飛んでるのってショナさんじゃない?」

「ホントだ、ウチの|長(おさ)に用事かな?」

「なんだかんだで同じ時期に引越ししたからか親近感あるよね、翼人さんってさ」

「ね。その内あの人達とも楽しめるといいなあ」

「結局さ、問題はケッコンって奴だと思うのよね。私たちもここで暮らすんだし、あの慣習を勉強しないとダメ
<a href=”http://www.shoessrecite.info” title=”http://www.shoessrecite.info”>http://www.shoessrecite.info</a>

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s